看護部

看護部イメージ

患者様にもご家族にも安心の看護

看護部では患者様の生きる力や思いを大切にしながら、確かな知識と技術を持って患者様にとっても、ご家族にとっても安全で安心できる看護を提供できるよう努めています。

検査や処置のこと、治療のこと、手術のこと、入院のこと、お薬のことなど、治療にあたっては患者様もご家族も不安なことや心配ごとがあるかと思います。

看護部では分かりやすく親切な説明を心がけ、常に気配りと笑顔を忘れずに患者様一人ひとりに最良の看護ケアを行っていきます。

看護部理念

患者さんとその家族に安心・安全で最良の看護を提供します

基本方針

  1. 1.患者さんのもっている生きる力・思いを大切に支援します
  2. 2.確かな知識・技術をもって看護ケアを行います
  3. 3.わかりやすい親切な説明を心がけます
  4. 4.気配りを忘れず笑顔で対応します
  5. 5.自己研鑽に励みます

看護部長挨拶

患者様及びそのご家族により添える看護を目指して

当院は地域の皆様に信頼され愛される病院を目指す地域密着型病院です。
一般病棟・地域包括病棟・回復期リハビリテーション病棟・療養病棟を有すケアミックス型病院です。近隣には大学病院や総合病院が多く、急性期治療の後、在宅や他施設への退院準備(身体的・社会的準備)を必要とする方々が多くいます。その方たちの支援を行うとともに手術適応患者の看護実施をしています。

外来受診をされる方、入院されている方本人はもちろん、そのご家族にも安心して安全に医療・看護・介護を提供できるように静かな環境に恵まれた地で日々看護を実施しています。

病気を持つ高齢者が増加する中、相手の話に耳を傾け、わかりやすい言葉で対応することを基本に、患者様が持っている「生きる力・思い」を大切に、1人でも多くの方が自分の最も暮らしやすい場所で、その人らしく生活できるよう患者様に寄り添う看護を提供していきます。そのために確かな知識・技術そして人間性を高める教育研修を行い自己研鑽しています。これからも「患者様のために」を考えポジティブに前に向かって成長できるようスタッフ一同協力して看護部を造っていきたいと思います。

看護部 部長 梅林ゆきゑ

先輩看護師の声

高柳 愛|イメージ

十全記念病院 4西病棟 看護師高柳 愛(平成28年4月入職)

静岡医療科学専門大学校を卒業し、看護師として働き初めて一年が経とうとしています。私が看護師として大切にしていることは、患者様をよく理解した上で関わることです。私が勤務している病棟は、慢性期の患者様が多く入院しています。入職当初は、業務内容を覚えることに必死で、上手く患者様と関わることができず、多くの患者様の疾患や治療内容、特色を覚えることに苦労しました。

実際の臨床では、学生の頃とは違い複数の患者様を受け持つため、常に優先順位を考えながら行動しなければなりません。また、患者様一人一人に関わる時間が限られているため、一人の患者様接する時間の少なさに心苦しさを感じることもありました。しかし、患者様の一番近くで携わることが出来るのは看護師であり、少ない時間の中でも、しっかりと向き合うことで患者様の小さな変化にも気づくことが出来るのだと感じました。また、患者様やその家族とのコミュニケーションを大切にし、訴えをよく傾聴することで、精神的な安楽を与え、信頼関係を築くことに繋がって行くのだと感じ、たくさんの患者様との関わりを通して、目々人と関わることの難しさや楽しさを実感しています。

病棟には様々な疾患を持った患者様がいるため、より多くの知識が必要となります。アセスメント能力等を身に付けるためにも、学生の頃と同様に常に疑問をもち日々学ぶ姿勢も大切だと感じています。

看護師は非常に責任の重い仕事だと臨床に出てから改めて実感しました。一つのミスが命取りになることもあるため、日々緊張感を持ち、患者様のことを第一に考えて今後も仕事に励んで行きたいと考えています。

PAGE
TOP