スポーツ整形

スポーツ整形イメージ

リハビリ中心の保存的治療を第一に

十全記念病院スポーツ整形外科は膝、足などの下肢、腰や首などの背骨のスポーツ障害の治療を行っています。また肩・肘・手・指など上肢と末梢神経のスポーツ障害の治療は浜松医科大学より肩・手の外科専門医師を招き、全身のスポーツ障害に対する専門医療を提供しています。 治療はリハビリテーションや装具療法を中心とした手術以外の保存的治療を徹底的に行い、なるべくスポーツ活動を中止しなくても良い治療を行います。 手術が必要な場合には患者様に負担の少ない内視鏡(関節鏡)手術を行っており、肩関節鏡、肘関節鏡、手関節鏡、股間関節鏡、膝関節鏡、足関節鏡の手術に対応しています。

診察案内

診療受付時間
8:00〜11:30(土曜 12:00まで)/13:30〜16:30
 
午前
午後高橋 正哲

※やむをえない事情により変更になる場合がありますので、来院前に電話で確認をお願いします。

担当医紹介

高橋 正哲副院長・関節センター長

略歴
昭和60年浜松医科大学 医学部 卒業
昭和60年浜松医科大学 整形外科 医員
昭和63年米国ボストン ハーバード大学留学
平成4年国立浜松病院 整形外科 医長
平成5年磐田市立総合病院 整形外科 医長
平成9年磐田市立総合病院 整形外科 科長 
平成10年浜松医科大学医学附属病院 整形外科 助手
平成18年浜松医科大学医学附属病院 整形外科 講師
平成23年十全記念病院 副院長 就任
資格・公職
  • ▪医学博士
  • ▪日本整形外科学会認定 整形外科専門医
  • ▪日本体育協会認定スポーツドクター
  • ▪日本整形外科学会スポーツ認定医
  • ▪日本関節鏡・膝・スポーツ学会 評議員
  • ▪日本臨床スポーツ医学会 代議員
  • ▪日本軟骨代謝学会 評議員
  • ▪中部日本整形・災害外科学会 評議員
  • ▪東海スポーツ傷害研究会 幹事
  • ▪東海関節鏡研究会 幹事
  • ▪静岡県外傷スポーツ研究会 幹事
  • ▪2004年~20006年 Jリーグ 清水エスパルス チーフ・チームドクター
  • ▪2006年 ラグビートップリーグ ヤマハジュビロ チームドクター
  • ▪現在 日本セーリング連盟 医事科学委員

PAGE
TOP