黄斑疾患

黄斑疾患とは

網膜の中央に位置する黄斑は、正常では凹んだ形状をもっており、視力や色覚にとって大変重要なはたらきをもっています。

正常眼の黄斑
正常眼の黄斑
OCTによる黄斑の断層像
OCTによる黄斑の断層像

何らかの原因で黄斑に病気が生じると、下記の症状がでることがあります。

  • ▪視力が低下する
  • ▪視野の中心が見えにくい、ぼやける、暗い
  • ▪まっすぐの線がゆがむ
  • ▪左右の目で物の大きさが違う
正常
正常
黄斑疾患
黄斑疾患

黄斑疾患の治療

1:加齢黄斑変性

  • ▪黄斑の裏側にある脈絡膜から、異常な血管が生えてくる病気です。こうした異常血管からは、出血したり、血液中の水分が漏れ出たりするため、黄斑がダメージを受けて視力が低下します。
  • ▪加齢黄斑変性の原因としては、食事や喫煙などの環境要因に加えて、遺伝性要因が指摘されていますが、発症を予防する方法は確立されていません。
  • ▪当院では網膜断層像や蛍光眼底造影などの検査により、加齢黄斑変性の病状を正確に診断しています。
  • ▪加齢黄斑変性に対しては、抗VEGF薬という薬剤を目の中に注射して、異常血管を退縮させることができるようになりました。また、加齢黄斑変性により目の中に出血を生じた場合は、硝子体手術を行うこともあります。
加齢黄斑変性(上左)の蛍光眼底造影(上中右)と断層像(下)
加齢黄斑変性(上左)の蛍光眼底造影(上中右)と断層像(下)
抗VEGF薬による加齢黄斑変性の治療
抗VEGF薬による加齢黄斑変性の治療

※『名古屋市立大学病院アイセンターホームページから転載』

黄斑疾患の治療

2:網膜前膜(黄斑上膜)

  • ▪黄斑の表面に、異常な膜が張ってしまう病気で、 多くの場合、特別な原因がなくても加齢に伴って生じます。
  • ▪網膜剥離、網膜静脈閉塞症やぶどう膜炎などの病気に伴って黄斑上膜ができることもあります。
  • ▪黄斑上膜は、ひきつれを起こして黄斑を引っ張ってしまうため、ものがゆがんで見えたり、視力が低下したりします。
  • ▪これらの症状は自然に改善することはありませんので、硝子体手術によって膜を取り除く必要があります。
正常黄斑
正常黄斑
網膜前膜:黄斑が持ち上がっています
網膜前膜:黄斑が持ち上がっています

3:黄斑円孔

  • ▪加齢に伴い、目の中の硝子体が網膜を引っ張ることにより、黄斑に孔があいてしまう病気です。
  • ▪初期には自覚症状に乏しいこともありますが、進行すると視力低下や、ものの歪みを自覚します。
  • ▪若年者でも目に大きな力が加わったことにより発症することもあります。
  • ▪黄斑円孔を閉鎖させるには、硝子体手術を行って眼内に空気やガスを入れます。手術後は数日間、うつぶせの姿勢をとる必要があります。
黄斑円孔:黄斑の一部が欠損しています
黄斑円孔:黄斑の一部が欠損しています
手術後:孔が閉じたことにより、黄斑の形状が回復しています

※『名古屋市立大学病院アイセンターホームページから転載』

当院における手術用顕微鏡と硝子体手術機器

顕微鏡(ZEISS社)
顕微鏡(ZEISS社)
コンステレーション(ALCON社)
コンステレーション(ALCON社)

PAGE
TOP