脳神経外科・脳ドック認定施設

早期発見ができてリハビリにも対応

「脳神経外科」というと,特別な病気や重い病気になったときにだけかかる診療科のように思われがちですが,そうではありません。頭痛,物忘れ,めまい・ふらつきなど,アタマに関するちょっとした症状や心配事でも気軽におかかり頂ける科です。もちろん,脳出血や脳梗塞などが起きたばかりの重い状態や,頭のケガとそのための内出血や脳のキズ,そしてそれらの病気の後遺症もすべて診療いたします。 認知症については内服薬や貼り薬で治療に取り組みます。また,認知症に似た症状を出す正常圧水頭症や脳腫瘍など,他の病気との区別をつける診断もいたします。 当院にはMRIやCTはもちろん,PETやSPECTといった先端医療機器がそろっており,さまざまな脳の病気に対応することができます。 また当院には「神経内科」もありますので,脳の病気については内科と外科,両方の総合的な診療をお受け頂くことができます。 リハビリテーションに関しては,脳卒中リハビリチーム・認知症リハビリチーム・栄養摂食リハビリチームなどが編成されており,医師と緊密な連携をとって専門的なリハビリがおこなわれています。 他の医院・病院からの御紹介患者様を積極的に受け入れております。 当院で十分な治療が困難な重い病気や珍しい病気は,他の適切な病院に紹介いたします。 十全記念病院の脳神経外科は,病気やケガの急性期から,後遺症となった慢性期まで診療をいたします。また,医療法人社団明徳会傘下の多くの施設との密な連携により,さまざまな病状の患者様に十分な医療介護を提供できます。
MRI(1.5テスラ)
PET/CT

脳神経外科医が脳ドックも担当しています。

脳ドックの大きな目的は脳血管障害(脳卒中)の予防にあります。脳血管障害は、健康に自信のある方でも突然襲ってくる場合が多く、命を落としたり、後遺症に苦しむことの多い病気です。 中高齢者で高血圧、糖尿病、高脂血症の方、最近頭痛、めまい、しびれ等がある方、脳について心配な方はこの機会に是非脳ドックの受診をお勧めします。 当院のMRIは1.5T(テスラ)の最先端の精度の高い機器で検査を行い。2名の放射線専門医による読影と脳神経外科医による丁寧な結果説明を行います。また現在、脳ドック認定施設の申請をしております。 脳ドックの詳細はこちら
脳神経外科医による脳ドック結果説明

診察案内

診療受付時間
8:00〜11:30(土曜 12:00まで)/13:30〜16:30
 
午前伊藤 龍彦伊藤 龍彦伊藤 龍彦伊藤 龍彦伊藤 龍彦伊藤 龍彦
午後伊藤 龍彦今村 陽子伊藤 龍彦伊藤 龍彦
(第2,3,4週)
伊藤 龍彦

※やむをえない事情により変更になる場合がありますので、来院前に電話で確認をお願いします。

担当医紹介

伊藤 龍彦副院長・脳神経外科 部長

略歴
昭和57年浜松医科大学 卒業
昭和57年聖隷浜松病院 外科・麻酔科 医師
昭和59年聖隷浜松病院 脳神経外科・放射線科 医長
平成19年聖隷健康診断センター 医務部 部長
平成25年浜松北病院 脳神経外科 部長
平成30年十全記念病院 脳神経外科 部長

今村 陽子脳神経外科 非常勤医師

略歴
昭和55年浜松医科大学 医学部 卒業
昭和55年浜松医科大学附属病院 勤務
昭和56年清水厚生病院 勤務
昭和57年聖隷浜松病院 勤務
昭和61年浜松赤十字病院 勤務
平成3年医学博士号取得
平成11年浜松リハビリテーションセンター 職責
平成26年十全記念病院 非常勤医師

PAGE
TOP