腎臓内科

慢性腎臓病(Chronic Kidney Disease:CKD)は生活習慣(高血圧、糖尿病、肥満など)と深く関連し、現在1,330万人(成人の8人に1人)が罹患しているといわれている病気です。ただし腎臓病の多くは無自覚のまま発症し緩徐に進行し、未治療でそのままに経過すると不可逆的な「慢性腎臓病」に至ってしまう恐ろしい病気です。そのようにならないためには、早期からの食事療法や高血圧・糖尿病に対して適切な治療を行い悪化しないように予防することが非常に重要となります。 特に食事療法においては、日々の生活と密接に関わるものでありますので、患者様が治療方針に納得し、医師とともに進んでいこうという気持ちになっていただくことが重要であると考えます。そのために一人ひとりの患者様にあった食事や生活改善にも気を配った丁寧な医療を心がけて参ります。 ただし残念ながら慢性腎臓病は進行をとめることはできない病気であり、末期腎不全となり腎代替療法(血液透析や腹膜透析・腎移植)が必要となった場合にはそれらを含めて丁寧に治療に携わらせて頂きます。

診察案内

診療受付時間
初診 平 日|8:00〜11:00,13:30〜16:00
土曜日|8:00〜11:30まで
再診 平 日|8:00〜11:30,13:30〜16:30
土曜日|8:00〜12:00まで
 
午前中村 将登中村 将登
午後中村 将登中村 将登

※やむをえない事情により変更になる場合がありますので、来院前に電話で確認をお願いします。

担当医紹介

中村 将登腎臓内科 常勤医師

略歴
平成27年浜松医科大学医学部 卒業
平成27年JA静岡厚生連遠州病院
平成29年JA静岡厚生連遠州病院 腎臓内科
令和2年4月十全記念病院 腎臓内科
資格・公職
  • ▪日本内科学会認定内科医

PAGE
TOP